看護師さんになるには?


看護師は国家資格です。



一般的には、高校を卒業した後に看護師になれる学校に進学して国家試験に合格して仕事につけます。



学校には、4年制の看護大学。



3年制の看護短大及び専門学校があります。



これらの学校を卒業あるいは、卒業見込みを得て受験する資格を得て、国家試験に合格します。



合格後に申請を経て、厚生労働大臣から、看護師免許が交付されることになります。



看護師の資格をとるため学校での生活は、大変 忙しく、バイトなどはする時間は、ほぼ、ないといっていいでしょう。



学科の勉強と実技の学習がびっしり、カリキュラムにつまっているからです。



したがって、正看護師を目指す場合には、かかるお金もよく調べたほうがよいでしょう。



正看護師のほかに、準看護師という資格もありますが、これは、都道府県知事から免許が交付されます。



中卒の方でも準看護婦の学校には入学できます。



また、夜間の学校もあるので、昼間仕事をしながら通うことも可能です。



準看護師試験は年齢制限もないので、主婦や、社会人の方でも意欲があれば挑戦できます。

関連記事


看護師についての概要

看護師について、説明します。 まず、看護師とは、医療、保健、福祉、等に関する職場で、次の3つの仕事を行う医療従事者のことです。 1つ目は、医師などが患者...


AX