夜遅くの面接を行う企業は危険信号


働きながら就職活動するのは大変なことです。
特に、平日の日中に面接を入れられると、なかなか時間の都合が合わず、なんてこともあるかもしれません。

そんなとき、夜遅くでも面接を対応してくれる企業があると、
なんて親切なんだろう!と思うかもしれませんが、もしかしらたらその企業、危険な可能性もあります。

夜遅くに面接をしてくれるということは、
対応する社員はその時間帯まで残業になるということです。
残業をすることが当たり前という社風の可能性もありますので、
注意が必要です。転職サイト 口コミ

関連記事


理想の看護師になる為には

心身ともに弱っている人にとって、優しく対応してくれる「看護師」さんは、天使に映るのではないでしょうか。 しかしこれに憧れて看護師を目指すのは大変尊ばしいこ...


看護師さんになるには?

看護師は国家資格です。 一般的には、高校を卒業した後に看護師になれる学校に進学して国家試験に合格して仕事につけます。 学校には、4年制の看護大学。 ...


看護師についての概要

看護師について、説明します。 まず、看護師とは、医療、保健、福祉、等に関する職場で、次の3つの仕事を行う医療従事者のことです。 1つ目は、医師などが患者...