看護師についての概要


看護師について、説明します。



まず、看護師とは、医療、保健、福祉、等に関する職場で、次の3つの仕事を行う医療従事者のことです。

1つ目は、医師などが患者を診療する時の補助、です。

2つ目は、病気などを持つ人の日常生活の援助、です。

3つ目は、疾病予防や健康の維持増進のための教育、です。

看護師としての業務を行うためには、国が定めた看護関係の教育機関で教育を受け、その上で、国家試験などの資格試験に合格して、看護師免許を取得している必要があります。

看護師になるには、まず、看護高等学校の看護科や専攻科(5年間)、看護短大、看護専門学校、大学の看護学部や医学部保健学科など、のいずれかで、合計3000時間以上の看護師養成教育を受ける必要があります。

そして、これらの学校を卒業すると、看護師国家試験を受験する資格が得られます。

なお、実際には、卒業が見込める時点で、国家試験を受験できます。

しかし、その年度で学校を卒業できなかった場合、国家試験で合格点を獲得していても不合格扱いになります。





転職サイトを使って事務職に転職しました




大学を卒業してから希望の企業に就職し、営業として働いていました。営業にはノルマがあったので、毎日のように残業をしていた結果、体を壊してしまいました。昔から人と話すことに少し苦手意識を持っていたので、このまま営業として働くのは無理だと思い、転職サイトで新しく働ける会社を探すことにしました。今度は営業ではなく事務職として働きたかったので、転職サイトで事務職として働ける会社を探しました。そうしたら沢山の候補があり、給与や福利厚生などを鑑みて選んだ会社に応募しました。その結果、希望していた会社に事務職として採用され、今では毎日楽しく働いています。事務職は自分に向いているようで、以前よりも仕事にやりがいを感じています。。
中高年のための転職エージェント





「転職サイトのランキング」のおすすめサイト




おつかれさまです。気になる転職サイトランキングってところのこと紹介します。

医療系やエンジニア、外資系など職種や業界別に強い転職エージェントがわかりますね。

無料で使える転職エージェントはいまや転職にはかかせません!

URLはこれです。

転職エージェントランキング

転職を考えているならまずは転職サイトに登録してみるのがオススメですね。

転職サイトのランキングで検索しても見つかるんじゃないかな。

そんな感じで今日はここまで。





職務経歴書の書き方




再就職活動を進め、履歴書を書く段階まで来ると、職務経歴書も併せて準備をします。
職務経歴書とは、履歴書とは別に過去の業務についての説明をまとめたもので、時系列でこれまで勤めた会社や仕事内容の概要、業務成績、昇進の時期、仕事に対する会社内の評価などを詳しく書いていきます。
再就職では要求されなくても履歴書と共に、この職務経歴書を添えて提出しておくのが一般的です。

職務経歴書は履歴書とは違い、規定の書式が無く、用紙も指定のものはありませんから、市販の物や、A4用紙の白い便せんなどを使い枚数は1?2枚程度にまとめます。
転職サイト比較
個性を出そうとしてカラフルな用紙を使う方が希にいますが、マナーを心得ていないと思われる事も少なくありませんので注意が必要です。

再就職では即戦力が重視され、場合によっては履歴書より職務経歴書の方が採用の判断基準になりやすく、特にキャリア重視で求人募集を行う企業では経歴よりも即戦力になれるか、という能力の方が不可欠とされ、過去の業績の内容を詳しく説明しておくに越した事はありません。

職務経歴書では、再就職先の企業が注目するように、募集している仕事に関した業務経験があるなら、その点をメインにする事で採用担当者の目に留まるように仕上げ、再就職でのアピールになるように、具体的にまとめるのが良いでしょう。

前の記事